FC2ブログ


かしこる☆のお部屋
●お仕事近況・同人情報です→http://rapidangel.blog12.fc2.com/blog-entry-787.html#comment ●新刊「巨乳炎上」が12/22発売されました!


プロフィール


かしこる☆



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.10.31  プリキュライド:霧生満 <<05:02


こんにちは、かしこです(・v・)
先日は雨のせいもあって、少々体調不良状態で動きがとれず、ちまりちまりとリクエスト頂いておりますイラストを描いておりました。
とあるキャラクターなのですが、そのキャラを描いておりますと、ふつふつと描きたくなる赤い人…これは孔明の罠だ!(゜□゜;)

…冗談はさておき、ノリにのって描いてまいりましたライドシリーズも気づけば40作目(差分を入れますともう少し増えますが)。
これからもちまりちまりと描いていければと考えております。

ということで本日は、SSより霧生満を。
霧生満


今回はダークフォールバージョンです。
ただまあ…実際のところ、前回のタロット風絵の際にも書きましたが、この人はあまり解説できないキャラクターですね…。
SS後半の面白さの大きな一因ですし、なかなかシリーズでも他に例を見ない(薫はもちろんさておいて)タイプの魅力をもったキャラクターですので、是非本編でお楽しみいただきたいです。

唯一、中盤でアクダイカーンと対峙した際のラストの展開はお子さんにはちょっと辛いかもしれません(このあたりCV担当された声優諸氏の熱演が光る名シーンではあるのですが…)ので、幼少の方がご覧になられる場合、それだけは注意していただきたいところではありますが…。

No.1155 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.30  エタメライドとKBQ <<03:12


こんにちは、かしこです(・ω・)ノ
先日は部屋を片付けておりました。
本を二箱分処分…今日か明日にでも売りに行く予定です。


■KBQバーガー
前回ツナマフィンが(失礼ながら)見た目予想に反してなかなかのお手前でしたので、此方の新商品もお試ししてきました。
KBQバーガー…ですか、何と読めばいいのかわからないのですが(向かった直後、店員さんが進めてこられたので「じゃあそれで」と返答したダメなわたくし)

名前からしてなかなかに肉肉しい印象を受ける商品…早速持ち帰りよう袋から出してみます。

包装状態
外装袋が実に食欲をそそる色です。
写真からはリブなどに近い印象を受けていたので、喜んで開封。
外観
意外に正統派な外見…。
ぱっと見は分厚いチーズバーガーです。

しかし…一枚パンをめくってみますと…。
上部パンをめくった絵
出ました、がっつりジューシーなお肉が!
もう一枚めくってみますと、そこにはチーズバーガーなどに入っているチーズとはまた違う、溶けたチーズでしょうかがトッピング。

勢い口にいれた印象は……こいつはヘヴィだぜ(・ω・)でした。
肉味もこってり目でジューシー、そこに加えてチーズが非常に主張が強く、また後口に残る味が大変スパイシーで、とても「大人な味」な風格でした。

これはお腹が空いたときでも二つが限度なレベルの「お値打ち」な一品。
ツナと同じく、これまでには無かった味でなかなか美味しいですし、お昼のおともには最適かもしれません♪
ただマクド、私のかよっているスイミングクラブの近くにもあるのが……帰り、よりますやん(×ε×)←ダイエット中



■セロ■
本日は、少々趣向を変えまして、エターナルメロディより、セロを。
本当は某所でアップするつもりだったのですが、ぎりぎり間に合わないという体たらくで…仕方なく此方でアップ。
セロ
こういった幼少キャラは久しぶりに描きましたが、なんとも難しいです…。
修行あるのみ。

No.1154 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.27  プリキュライド:春日野うらら <<22:47


こんにちは、かしこです(^ω^)
先日地元企業様の原稿も無事提出いたしまして、今日は久しぶりのオフということで、お知り合いの方のリクエスト絵を進めてから、じっくり水泳にいっておりました。
久しぶりの水泳は大変気持ちが良かったです…が、その後に、本日アップ分のライドを描いておりましたところ異常にお腹が空いてきまして、ついついラーメンを食べてしまい…大変美味しくいただけたのですが、最近飲んでおりますサプリの副作用とあわせるとえらいことになりそうな…(TεT)
これから、ネームと、リクエストいただいておりますイラストをちょいちょい進めて、明日はがっつり動いてこようと考えております。

で。
本日出たついでにカードをまた地元のホビーショップさんに覗きにいっておりました。
例によって気に入ったカードを単品ばら売りで購入。
コモン・アンコモのてんこもりカードの中から選んできました。
ラミカ

今回はプールの入場時間のこともあり全部は見れませんでしたので、恋姫メインと限って突貫。
といいますのも実は先日、某所で恋姫に小林由美子さんが御出演されておられるらしいというお話を耳にしまして(ゲーム未プレイです、申し訳ございません…各種コミックスのみでえた知識です…)…そのキャラ(武将名は文醜)メインで流してみました。

カオスtcgとリセtcgに出ているという情報は得ておりましたので、そこを重点的にあたってみたところ、文醜をはじめとしまして、いくつか気に入っているキャラクターがいくつかございましたので購入。
密かに外見が最も気に入っているドリルさんは多めにあったので満足。リセverはえちげの原画などで有名なセレビィ量産型先生が描かれていて二重の驚き+喜びでした。

文醜はたち絵の顔の出来が抜群で、カオス版のカードは顔に視点を置いたカットでしたので実に満足の行く一品でした。成り行きで、人徳者のあのひとと、くりんくりんのあのひともセットでゲット。

個人的4強の一角、華雄はほとんどカードが無く、寂しい思いを…。カオス版はディフォルメのみ(カードは最近手を出したところですのでとんと疎いのですがおそらく立ちCGverもあると思います…)、リセ版は存じ上げていない方だったのですが、さっぱりした画風で大変魅力的に描かれておられました。

あとは4強の最後、魏延ですか。此方は立ちイラストverからイベント絵もあり、またリセ版もイメージをしっかり踏襲されつつ、色味を含め全体的にマイルドに描かれていたのが実に好印象です。それにしましてもカードのスキル名が「脳筋女」というのはあんまりといえばあんまりなような…。

カードの満足感はぱっと見てストレートに感じられる分、ある意味においては本以上なのが驚きです。
またこれからもぽつぽつ気に入ったカードだけでもぽつぽつ購入できればと考えております。
…さて次はアクアプラス群でもあさりに…(退場)


そういいましたら、新カードシリーズ・プリズムコネクト(現在、緋弾のアリアとデュララが第一弾として展開されております。スターターデッキには豪華声優箔押しカード1枚入り)にて、プリキュア+マックスハートが100枚以上のカード数で展開されるそうです。
此方も是非チェックしたいですね。サモンほのかさん。
…そしてゆくゆくはプリーズSSと赤い人。


■ということで■
久しぶりになります本日はYes某キュア5gogoより、春日野うららを。
プリキュライド:うらら

実は一度描いておりますが、此方は「vs大江戸妖怪」仕様でしたので、改めてノーマルなものを描いてみました。
作中では、ちんまり可愛いだけで終わらない、個性的な魅力を備えたキャラクターでした。
変身アクションも、炎の人の次に格好よかったのが好印象ですね。
作品展開当時、、人気があったというのも納得です。

No.1153 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.25  WizhaSchwarz? <<14:28


こんにちはかしこです(^ω^)
何とか原稿があがりまして、本日はリクエストいただいておりますカードの新規デザインを検討しておりました。


そのテストバージョンが此方。
ひとみさん
ウィザーズハーモニー2より、飛鳥瞳さんです。
今回はとりあえずの思索バージョンですが、もう少しバランスなど見直せればと考えております。
何とか更なる向上をめざして行きたいところです。

No.1152 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.18  ライドEX:るーこ・きれいなそら <<00:33


こんにちは、かしこです(×v×)
現在原稿鋭意苦戦中。
何とかがんばって〆切に間に合わせたいところです。

うらバン!の4巻が予約リストにあがって着ておりますね。
紹介文を見ます限り、今回が最終巻でしょうか。
何年も愛読してきた作品だけに別れは少々寂しいですが、新作が出るのは純粋に嬉しいところ、11月の発売、楽しみに待ちたいと思います。


■るーこきれいなそら■
先日勘違いして同日に二枚あげたりしましたが。気にしない方向で。
今回は先の笹森につづきまして、To Heart2より、ルーシー・マリア・ミソラを。
よろしくしろ?うー
ToHeart初期メンバーは個性豊かなキャラクターが多いですが、その中でも抜群に個性的だったるーこ。
発売当初は今ひとつの人気だと言われていましたが、日が進むにつれ、るーこの持つ控えめながら強烈な個性に魅せられる方が増えたのか…気づけば人気キャラクターに後一歩というところまで上り詰めていた、本当に不思議なキャラクターでした(ただ3強の牙城はカタイというウワサではありますが)。

そして、るーこを語る上ではやはり、CVを担当された当時で既にベテランだった夏樹リオ氏の円熟した演技を抜きには出来ないでしょう。
独特の落ち着いた語り口の中に、そそと感情を仕込まれるのは正に職人芸でした。

先の笹森といい、2キャラも1に負けず、実に個性的魅力にあふれるキャラクターばかりだったと思います。



そういいましたら、OVAシリーズ新作はダンジョントラベラーズですか…。
あの話をどのように料理されるか楽しみです。ゲームとしてみますと確かに面白かったですが、さてあれを映像化するとなりますと…。がんばっていただきたいものです。

ところで、ダントラといえば、隠れた人気キャラであるイルファの扱いが、本編での扱いが扱いなので少々心配です…。出番があると良いのですが。






No.1151 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.15  ライドEX:笹森花梨 <<19:25


こんにちは、かしこです(・ω・)ノ
今日も一日原稿タイムでした。

身体を動かすついでに何となく部屋のメディアいれを探っておりましたところ、To HEART2の3巻のDVDが出てきました。
3巻は、由真回と花梨回という、2キャラ中、個人的に気に入っておりますキャラクター3強のうちの2人の回が収録という素晴らしい仕様で、作品としてはもう随分前の作品ですが、いまだに大事にお取り置きしております(大事に置きすぎて奥の奥にいっていたのは気にしない)。

久しぶりに見てみたのですが、この二話は面白いです。
由真回は、心情描写の濃い表現に心ひかれます。婉曲な表現と率直な表現の両立という危ういバランスが、キャラクターの魅力をひきたてていたと思います。
花梨回は、一本道の非常にわかりやすいお話。前半からしっかりとフリがされており、最後まできっちり筋が一本ととおっている完結タイプのセオリーをしっかり抑えられた構成が実に好印象でした。

残念ながら2TVverは今ひとつ評価が高くないようで、BD化などはされない可能性が高いですが…今でしたらDVDも非常に安いですし、レンタルなどもございますので、よろしければ…。


■ということで■
本日は、To Heart2より笹森花梨を。
ライドEX:笹森花梨
ミステリ研の部長…ではあるのですが現在の部員は0、現状は同好会(といいますか個人)という状況にいる花梨。
とりあえず何とか借りられた部室で、ひたすら探求に没頭…しかし展望は開けず。
そんなとき、廊下で見かけたある人間に目をつけ…。

一見、性格が悪そうに見えるキャラクターですが、誰しもが持つ葛藤を体言した良キャラだと思います。
人気は正統派な他のメンバーと比べると低くなりがちですが…魅力が斜め向きに強く出るタイプですので、一度琴線にふれると…。

流石はTO HEART、一筋縄ではいきません。

No.1150 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.15  プリキュライド:水無月かれん <<00:34


こんにちは、かしこです(・v・)
現在鋭意ジュリ介原稿奮闘中です。

■水無月かれん■
本日は、Yes某キュア5GoGoより水無月かれんを。
プリキュライド:水無月かれん
生徒会長、お金持ち、容姿端麗、頭脳明晰、そのうえ意外に戦闘スタイルはパワフル、必殺技Sアローは格好よく…と属性のかたまりのようなキャラクターでしたが、その持ち前の性格の良さから、総合的に非常によい印象を残すキャラクターでした。
設定だけみますと、リーダーの資質はシリーズでも屈指…なのですが、完璧すぎるのが逆に…。
なかなか味わい深いキャラクターだったと思います。

No.1149 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.10  梨水と西島和音 <<11:04


こんにちは、かしこです(・ω・)
現在お仕事ネーム鋭意制作中です。
地元企業様原稿もありますので、そろそろしっかりカタチにしたいものです。


最近、恒例の此方を飲んでおります。
恒例なしすい
他にも色んなフルーツ系飲料がローソンで売られていますが、原稿のおともにといくつかかって飲み比べてみましたところ、個人的に最もあたりだったのが此方。
元々梨好きということ、その甘さが疲れた身体に響くこと、ともろもろ実に好印象。
唾液を呼ぶパッケージもあわせてローソンさんに寄るたびに毎度買っております。

期間限定とのことですが…出来れば是非来年も販売していただきたいものです。


■西島和音■
今回はSPカード版、プリキュライド:西島和音を。
プリキュライド:西島和音「おしり」 修正ver
リクエストイラストラフ制作時に出た未使用ラフを、勉強もかねて清書してみました。
西島さんは健康的な体型をしていそうです。

印象に強いキャラクターだけに、作中ではこれ以降出番は激減、もしくは無いと思われるのが残念ですね。

No.1148 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.08  ツナマフィンと日向咲とオリジナル悪魔さんと <<03:21


こんにちは、かしこです(・v・)

先日は空いた時間をつかって運動にいってまいりました。
そのついで…といってはなんですが、販売開始されたツナマフィンを食べてみました。
いろんな意味で「冒険」された印象がつよい、期待のつなまひんですが、さてその真価は…。

外装
此方が持ち帰りようの紙袋から出したそのままの状態です。
パッケージはさっぱりとした感じで好感触…なんですが、妙に小さいのが気になります。
一緒に買ったソーセージマフィンとほぼ同サイズ…一抹の不安が。
開いてみると…
あけてみました。
何だか写真と随分違います(;ω;)
ツナが見本写真と比べ少ないのか小さいのか、全体的にべちゃっとした印象、マフィンもがっつり焦げてます。
心の奥底から湧き上がる「これヤバイんじゃね?」感…。

横から
横からも1ショット。
ジャンクフードの代名詞のような外観してます…。

ブログのために写真をとりながら、どんどん強くなる不安…
心なしか食欲も減退してきたような…しかし、ソーセージマフィンから食べるという邪道なことはできません。


思い切って口へ。


これが見た目に反して美味しい!(^o^)ノ
ツナ部分にはトマトなど、味を深くする工夫が加えられており、その独特の重みが、ぱさぱさしたマフィンと絡み、独特の風味が。
これまでに無い味ですので、違和感は無い、といえばうそになりますが、その独特のクセが味わい深いともうしますか…食べてみた正直な感想は、本当に美味しかったの一言です。

しいて難点をあげるとしますと、やはりその外観、そして、此方はサラダ系なので本来のバーガー・マフィン類と違い、冷たい系なのが少し驚きがあったこと、そしてコンビ購入前提の値段設定のため、お値段がちょっとお高く感じてしまうことですかね。

確かに難点もありますが、この新たな「冒険」は、この先のメニューの更なる発展を大いに期待させてくれます。
次回の新作も楽しみです。

*補足:マフィンのおこげは、おそらく私の行きつけのマクドだけかと思われます。まだ出来て1年経つか経たないかくらいのお店ですので、
まだまだ店員さんもなれておられない部分も大きいと思いますので。


■プリキュライド:日向咲■
ということで、本日は、ハンバーガー的なつぶれ顔が印象的な、某キュアSSヒロイン日向咲を。
プリキュライド:咲
今回、スペシャルカード仕様にしましたのは、またおってノーマルバージョンを描きたいと考えておりますためです。
作中、此方の顔があまりに印象的だったため、何となく此方仕様に。
咲は全シリーズでもトップクラスの明るい性格のキャラクターですので、お笑い顔もなかなか絵になっていた印象です。
初期は尺に余裕があったせいか、こういった遊びもふんだんかつ多様なカタチで取り入れられており、またストーリーの出来は一部はずれがあるものの、総じて出来が良いので、おすすめできると思います。


■ライドEX:悪魔さん■
何となく筆が進んだので、勢い任せで描いてみました、オリジナルの悪魔さんです。
オリジナル
時折描きたくなるんですよね、ファンタジーキャラクター………描いていてとても楽しかったです。
良い意味で気分転換になりますので、また機会があるようでしたら、是非ちょくちょく描いてみたいところです。

そうそう、一応「プリ」に絡めないといけませんので、姫ということで(←後付けか)

No.1147 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.06  プリキュライド:蒼乃美希 <<04:16


こんにちは、かしこです(・v・)
先日、久しぶりにプールへ行けたのですが、やはり行くと気分が爽快です。
今日は、先日無事にとおりましたお仕事プロットから、ネームを切る予定です。
気合いあるのみ…です!


■蒼乃美希■
本日はフレッシュ某キュアより、蒼乃美希を。
プリキュライド:蒼乃美希
アタシカンペキ!が口癖なのですが、その実は、それほど完璧さんじゃないのがこのキャラクターの魅力でしたね。
さすがはプリシリーズ、一筋縄ではいきません。
ほか2人(ラブ・イノリ)と比べ人気という面では多少不利がつきそうですが、その分、お好きな方はとことん好き、というタイプのキャラクターかと思います。

No.1146 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.04  プリキュライド:キュアブロッサム <<07:44


こんにちは、かしこです(・ω・)
お仕事ネーム、鋭意苦戦中です。
…出来ないのは気合と努力が足りないからですね、根性いれなおしてがんばりませんと。

某キュアオールスターズDX3をレンタルにて視聴しました。
今回はこれまでより更にお祭り色を前面に出された展開で、実に楽しんでみることが出来ました。
開始しばらくで、いきなり問答無用で変身するシーンは笑いましたね。これまでは、まったりじっくり変身を見せていましたが、今回は最初から大盤振る舞い、これまでのメンバーは手馴れたもので阿吽の呼吸で変身していくなか、完全に置いてけぼりくらう新ヒロイン2人の絵がまた…。
そして映画ボスキャラーズ復活、チームごとにわかれて戦うことになるのもなかなか斬新でした。
赤チームはメインヒロイン勢だけに能力はトップクラス…のはずなのですが、どこか勢い任せでちぐはぐ。
青チームはサブヒロインメインで、知性派が多いのが特長ですが、牽引役がおらず右往左往。
最後の黄色チームは、レモネやらパインあたりの「可愛らしい系」が揃い(あとその他軍団。もちろん、りんさんもここ)おもちゃの国の双六世界ということで、若干数名除いて完全にお遊びムード。
それぞれに、違う方向でピンチに陥る展開はなかなか見応えがありました。

特に黄色チームが…ネタバレは避けますが、ここが相当面白いです。りんさんの扱いがまた何といいますか、さすが制作スタッフ様、わかっていらっしゃる…。とにかく楽しかった、その一言でした。

先の3チームなおんですが、それぞれ別世界に飛ばされ、ボスキャラーズ数名ずつと戦うカタチになります。
普通に考えれば勝ち目はないレベルだと思うのですが、そこはちゃんと「理由」が設定されていて、これがまた良い感じで作用してきます。
過去に苦戦を強いられた難敵達を前にして、決戦の行方は…。

繰り返しになりますが、今回は本当にお祭りムード満点。これこそ「オールスターズ」、大変楽しい仕上がりになっております。
それぞれ大体のキャラクターに見せ場がありますので(若干数名、えらい地味な扱いの人がいますが流しましょう)過去作のファンの方なら楽しめること請け合い、おすすめできる出来だったと思います。

●OPスクリーンショット
OP
ピーチ
ブルーム
SS
イーグレット
ぶれないマリン
青チーム
全員集合


●余談をいくつか
・OPで赤チームが連続して登場するしーんは非常に印象的なのですが、実は一番見栄えがしていた気がするのはピーチさん。フレッシュのデザインはその実、映えるデザインなんだと再認識しました。
・炎の人の活躍が変なところで多くて大満足。微妙に遊ばれている気がするのはきっと気のせい。
・OP映像はおそらく歴代屈指の出来(といっても3作しかありませんが)。フレッシュチーム格好よすぎ、SSのラブラブぶりナイス、MHの抜群の安定感、ハトキャの各人それぞれの方向への個性爆発ぶり、5の抜群の華やかさ。そして新シリーズの2人の活躍、全員集合関連の驚嘆のインパクト。まさしく最高峰…これでラストというアナウンスがされていましたが、この華麗さは他では見ることが出来ない魅力あふれるものだっただけに、本当に残念です。
・あまりの面白さに、真剣にBDが欲しくなりました。


■キュアブロッサム■
本日は、プリキュライド・キュアブロッサムを。
プリキュライド:キュアブロッサム
青やら黄色やらの人気の陰に隠れて陰が薄い…と思わせて、意外に印象が強いブロッサム。
デザイン的にも、正統派(というには大きいですが)のポニーテールというメインでは唯一になる(サブチームにはイーグレットやアクア先生といった派手なポニテコンビがいますが)魅力的な外見をしているので、他の赤面子と並んでも互角以上の勝負が出来る印象です。
性格も、おもしろおかしいマリン、真面目一徹ちょっとをとめなサンシャイン、アンダー路線ながらセンパイとして凛と立つムーンライトと比べ、完全に地に付いた「雑草魂」なそれで、踏まれても立ち上がる姿は、正に主役のかがみでした。
よくをいえばもう少し派手さがあっても良かったかな、とは思いますが、あの「ちょっと頼りない感」こそがブロッサムの魅力だとDX3の新ヒロインとの邂逅のシーンで感じました。
つぼみはやはりつぼみだなぁと。

本当、良いキャラクターでしたね。

No.1145 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.10.01  SPカード:キュアルージュ <<04:46


こんにちは、かしこです(・ω・)
先日、ふと立ち寄ったお店さんで、最近興味がわいてきたカード類を見ておりました。
最近のカードは本当に色とりどり、種類もたくさんあって驚きました。
店頭販売があまりに華やかだったので、気分が高揚しまして、勢い任せでちょろっと買って参りました。
とは申しましても、気に入っているキャラクター数枚だけですが…。
トレカ?
カードというのは、あんなに薄いですのに、手にして見ておりますと、何だかほこほこしてくるのが不思議です。
幼少時集めたビックリマンあたりの記憶が呼び覚まされるのでしょうか、何ともいえない高揚感が…。
…たまにはこういった普段と違うものに手を出してみるのも、刺激的で面白いと感じた、ある秋の日でした。


■ということで■
高揚した気分をライド絵にぶつけてみました。
今回は、Yes某キュアGoGoより、キュアルージュ・スペシャルカード版です。

キュアルージュ SPカード


外見から熱血キャラと思われがちなルージュですが、実は世に言う熱血主人公ほどには熱く燃えるシーンが多いわけではありません。
ルージュの「熱い」部分が色濃くみれるのは、実は仲間に助勢するシーンだったりします。
普段は、逆に冷静にツッコミ役をやっていることが多いんですよね。
他のキャラクターよりも華が少ないよう設定されていますのでその魅力が伝わりづらいですが、縁の下の力持ちタイプとして他キャラをフォローすることにより光るタイプ、それがルージュだと思います。

実に独自の魅力にあふれた良キャラクターでした。DXが終了となり、もうみおさめになるかと思うと少々残念です。

No.1144 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。