FC2ブログ


かしこる☆のお部屋
●お仕事近況・同人情報です→http://rapidangel.blog12.fc2.com/blog-entry-787.html#comment ●新刊「巨乳炎上」が12/22発売されました!


プロフィール


かしこる☆



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.11.29  プリキュライド:ダークドリーム <<00:59


こんにちは、かしこです(・ω・)
気づけば既に12月…ソニャ子本、がんばって進めたいところです。

■プリキュライド:ダークドリーム■
本日はYes某キュア5鏡の国より、ダークドリームを。
プリキュライド:ダークドリーム
ヒロインのライバルキャラにして正統派な悪役キャラクター。
こういったDヒーローもののお約束をこれでもか、と投入された演出は、他のダーク勢とはまた違った魅力がありました。
黄金律ということで、安パイ演出ともいえますが、ライバルという立ち位置ですし話の中核にもからむキャラクターですので、このご判断は実に的確だったと思います。

さて、このDドリームのCVを担当された西村氏はずいぶん前にこういった役を担当されていた方で、おそらく久しぶりになるであろう此方系の起用だったと思いますが、当時と遜色ない声・演技は流石の存在感でした。
こういったベテラン起用があるのも、このシリーズの魅力。そういう意味でも鏡の国~は印象深い作品になっていたと思います。


No.1171 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.28  ダークアクアとインサイザー <<04:57


こんにちは、かしこです(・ω・)

知人の方の御好意で仮面ライダーインサイザーをいただきました。
五指に入るお気に入りライダーであること、またなかなかお目にかかれなかったこともあり、感謝感激でございます。
この場を借りて、深く御礼申し上げます。
仮面ライダーインサイザー
実際見てみますと、オリジナルに遜色ない造形、「いかにもな咬ませ犬」でありながら、半端ない格好よさを有する名デザイン・インサイザーの外見を完全に再現されております。
フィグマらしく、その繊細なつくりこみはため息の出る完成度。ポーズ一つとらすだけで絵になる印象です。

武装面は、ストライクベント・シザースピンチとガードベント・シェルディフェンスが付属。
ライダーの頂点に立つにはまあ色々と足りなかったりするわけですが(主にAP)、元々のデザインの良さかはたまた造形の良さか、いやむしろ両方の良さのおかげで印象が良いなんてものではありません。
ピンチは腕の挿げ替え方式ですので、造形には遜色なしというところ。付け替えは少し面倒ではありますが、稼動フィギュアの中では造形重視のフィグマ作品ですので、このご判断は納得できます。
シェルは左腕の形状にあった穴が開いており、そこに差し込む…というよりはめ込む方式ですので、安定性に少々難ありかもしれませんが、造形が異常に良く、何がなんでもつけておきたい衝動にかられる一品です。

付属品といいましたら、恒例のカードと、手首8種(左右4つずつ。カードを持てる手もあります)が付属します。これで、貴方好みのインサイザーに♪
これで契約モンスターの中でも、相当格好良い部類に入る、マッシブカニさん・ボルキャンサーがついていれば最高を超えて神なのですが、それは贅沢というものでしょう。
まさしく大満足以上の一品でした。

…ただ残念ながら、脇役ライダーだけに再販などはあまりかかっていないとのこと(ドラゴンナイトやウィングナイトはかかったそうですが…)、これは実に勿体無いです…。少量でも、この作品の良さ、ひいてはフィグマ自体の良さを伝えるためにも是非再販されるべきかと…。


■ダークアクア■
本日は、Yes某キュア5鏡の国~より、ダークアクアを。
プリキュライド:ダークアクア
今回は予定より早く塗りが終わりましたので、さくさくっとエフェクトなどで遊んでおりました。
作中では、他キャラより戦闘が派手で、実に凝られていた演出が印象的なDアクアですので、そちら方向で進めてみましたつもりです。
アクティブなキャラクターは描いておりまして楽しいです。

作中では早々に交渉を打ちきった…というよりそもそもそんな気も無い印象だったDアクア。
わが道を行く姿はまさに最初期のアクアそのものでした。
そういった完全にライバルという立ち位置だったせいか、わりと容赦なく倒されていたのも印象的。

ダーク勢はそれぞれの個性が実にバランスが良く、多彩で見ているだけで面白かったです。


鏡の国~という映画に出ております一発キャラですが、是非ご覧下さいませ。

No.1170 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.26  プリキュライド:ダークミント <<10:06


こんにちは、かしこです(・v・)
原稿、何とかアップしまして、今日は同人原稿を進める予定です。
似非鳥、向日葵、団子…さてどこから手をつけますか…。

先日は久しぶりに水泳に行ってきたのですが…これがまた非常に疲れる始末。
一週間以上あけるとやはり持久系はもろにきますね…。
これからぽつぽつ通えればと考えております。
目指せ体重減!


■ダークミント■
本日は、Yes某キュア5より、ダークミントを。
プリキュライド:ダークミント
同じテーマを持ちながら、直球ストレートだったDドリームと比べ、短い尺ながら含蓄のある展開だったダークミント、5人中ある意味最も印象的なキャラクターでした。
顔つきは、5人中でも最も極悪系だったので、ラストのあの展開には率直に驚かされましたね。
少女ながらも包容力のあるコマチだからこそ出来た展開でしょうか。
きらりと光る、守ることの大切さ、実に味わい深い展開でした(Goで武装が万能武器になるのは気にしてはいけません)。

攻撃面も実に魅力的。
集束型ですが、ダークルージュの散弾と違い、Gビートブートのような重力弾(?)を一転集中で発射する、ロマン度の高い射撃攻撃でした。
更に、まとめれば威力が増すのも強敵感があって良かったですね。プロテクションを撃ちぬくという金星もあげましたし…。(…しかしぶれないコマチさん最強伝説)
とにかく性格から技からせりふから立ち居振る舞い全てにおいて暗喩全開のキャラクターだっただけに、この演出がEソーサーに繋がったのかも、などと想像が膨らみます。

なにはともあれ魅力的なキャラクターでした。
鏡の国は、お笑い芸人さんの宣伝もかねておりますので、賛否あるようですけれど、基本的に面白い展開ですので、御興味がわかれましたら是非ご覧くださいませ。

追記:CVは愛+のネネというキャラクターを担当されたあのひとです。あの高い声で悪役は実にインパクト抜群、声優ファンの方は必見です!


No.1169 / お仕事とかとか / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.23  プリキュライド:ダークレモネード <<15:10


こんにちは、かしこです(×ω×)
鋭意修羅場続行中です。相当てんぱっております。
年末に向けて同人や地元企業様の原稿もございますので、何とかがんばりたいところです。

そんななか。
地元ツタヤさんでやっとこレンタルが開始されました、Aチャンネルを原稿のおともに視聴しております。
原作は2巻まで拝読しております。実は1巻より2巻の方が油がのり、キャラがたってきて面白くなった印象だったので、2巻が出た前後に放送されたアニメ版も期待して早速3巻までレンタルしてきました。

率直に申しまして、脚本家の方が相当原作を読み込まれている印象を受け大変楽しめました。
一巻と二巻に分かれているネタなどを一つの話にまとめられて昇華されており、とても視聴しやすかったです。
また追加された演出も全く違和感がなく、キャラクターの魅力を増すのに一遍のくるいなかった印象です。

また、どうしても原作→アニメですと難関になりがちな声の違和感ですが、驚くべきことに若干名(むしろ一人だけ…)を除いて違和感がまったくなかったです。
メインメンバーである、るん・とおる・なぎ・ユーコはまさに完璧。
そして作中私のもっとも気に入っておりますキャラクター、ユタカも文句のつけようがないキャスティングでした。
又吉さんでしたか失礼ながら今まであまり意識していない方だったのですが(正直Fブレイカーくらいでした)、あのハイテンション+αな微妙なキャラクターをしっかりと演じられており、大変印象にのこりました。これから他の作品を視聴します際にも意識してみてみたいと考えております。御活躍期待しております。

さて、今回で半分なのですが、今後の展開も期待して視聴したいと考えております。
個人的に最も気に入っているエピソードである2巻P76(あたりだったはず)の超ほんわかネタが映像化されていることを期待しつつ…。


■ダークレモネード■
忙しさにかまけてご無沙汰しておりました、今回は前回につづきましてYes某キュア5より、ダークレモネードを。
プリキュライド:ダークレモネード

ダーク系は勿体無いくらいアイデアを組み込まれたキャラクター達ばかりですが、このDレモネードはその最たる例でした。
もち技であるダークネスフラッシュの格好よさは筆舌に尽くしがたく、Dルージュと同じく、隠しダマまで持っているのは驚きでした。
性格も、上から目線ながら説得をそこそこにこころみていたDルージュと違い、悪意(殺意?)全開だったのが印象的です。
背も高くなく黙っていれば目つきは悪いですが、可愛らしい外見をしていただけにとにかくギャップが大きかったですね。
…それだけに更に印象が強くなっていたのは事実で、その点まさに狙いは完璧…と言えるのではないかと。

実に勿体無いキャラクターでした。
流石に復活は無理でしょうけれど、こういったダークヒロインの名脇役、また見てみたい気もします。

No.1168 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.18  プリキュライド:ダークルージュ <<02:34


こんにちは、かしこです(^v^)
原稿鋭意制作中。
明日は何とか時間をつくって運動にいければと考えております。
…ソロソロ水泳イキタイ(;ω;)←方向が真逆

■プリキュライド:ダークルージュ■
本日はYes某キュア5より、ダークルージュを。
プリキュライド:ダークルージュ
此方は映画版に登場した敵キャラクターです。
エネルギー集積型の散弾攻撃、ダークネスファイアーという非常に見栄えの良い技と、最後に隠しだままで持ち合わす、ダーク某キュアチーム中でもその戦闘力は最強クラス。
そして性格面も、他キャラよりも他人を見下した態度が印象的で、悪意を前面に押し出されており、映画の尺の関係でそれほど長いやりとり、戦闘は無かったのですが、全身悪意の塊で実にライバルライバルした良キャラクターでした。

対するのは、鏡でコピーされた本体、赤い人。
普段はツッコミ役で結構わりくってたりしますが、今回は実に格好よいです。
何を言われても全く動じず、ただ仲間のために戦う、という展開は、普段の赤い人の行動などと照らしあわすと、とても熱かったです。

Dルージュのセリフは正に赤い人の仲間想いという側面にばっちりスポットが行くようにチョイスされており、そういう意味でも見所の多い戦闘だったかと思います。


それにしましても。
ダークPチームは実に格好よいキャラクターが多かったので、実質一度きりの登場になったのは残念…かもしれませんね。また機会があれば見てみたいキャラクターです。


追記:CVは長沢美樹氏が担当されております。独特のかすれ声は健在で、竹内氏とは似たタイプの芸風をお持ちの方だけに、そういう意味でもこのバトルシーンは見ものだったと思います。






No.1167 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.16  プリキュライド:北条響 <<03:19


こんにちは、かしこです(・ω・)
見事にネームがすっころびまして…現在サイド検討中です。
あまり色々考えない方が良いということなので、ストレートに責めてみようかと考えております。

■プリキュライド:北条 響■
本日はスイート某キュアより北条響です。
プリキュライド:北条響
見た目は変身前・変身後ともも非常に凝られており印象に良いキャラクターですね。
外見人気が高いのも納得というところ、もしかしますとデザインの完成度は歴代でもトップクラス…かもしれません。


No.1166 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.14   <<05:23




こんにちは、かしこです(×ω×)
先日は、送るデータの加工をしておりました。
今日は少し運動にでもいければと思っておりますが、時間があるかはネームの進み次第です。

■霧生薫■
本日は某キュアSSより、霧生薫**フォームを。
霧生薫
詳細はかけません…作品をご覧のさいのお楽しみ、とさせてくださいませ。
随分印象がかわりますが、此方は此方でなかなか魅力があります。
…SSの魅力の一端であることは疑う余地はないですね。

No.1165 / エタメロ / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.12  プリキュライドEX:キュアわおん <<04:41


こんにちは、かしこです(>ω<)

世間ではヴィータの話題で持ちきりな今日この頃。
そんな中、なんとなくpspが目に入りましたので、久しぶりにカプコレでスト2をプレイしておりました。
いやあ…空中ダッシュどころか、前後ダッシュ、避けなどの救済作も一切ないストイックすぎるバランスは辛さを感じながらも、懐かしさもあり意外に楽しむことが出来ました。
これといった固定した使用キャラはとりあえず居ない(ストリートファイターシリーズでは基本的にソドムを愛用)のですが、外見やら設定やらもう何もかも最高なザンギエフ先生でプレイ。…地上スクリューが安定しないというとんでもない状況での何となくのプレイでしたが、ノーコンティニューで進めることができたのは、流石はブームをつくった作品、その証左だと思います。
初心者でも何とかなる、楽しさをただコントローラなりレバーを握りプレイするだけで感じられる、このあたりのゲームバランス調整や演出は流石はカプコンさんですよね…。

むぅ…久しぶりにスト4もやりたくなってきましたね…3DSの旧スト4でも買ってきますかね…それともヴィータ待ちか…悩むところです。



■ライドEX:キュアわおん■
本日は、ライドEX:キュアわおんを。
プリキュライドEX:きゅあわおん
とある作品の某キャラクターの変身後イメージ、つまるところオリジナルです。
服装は某ビートと某メロディをインすパイア(肩口オーディン)、追加キャラはよく髪の毛が伸びる印象がありましたので、この絵でも髪の毛をのばしてみました。
青い髪の毛でボーイッシュ系というのは、あまり見ないタイプということもあり、新鮮なキャラクターだった和音。

ついお遊びで色んな想像が出てきてしまいます。

なかなか愛嬌があったキャラクターですが、本編での登場ではもうまともな出番は無いと思われるのが残念です。またシリーズ集合作品があるのでしたら、シホやらブンビーさんやらの並びででもライトふっててくれたらなあと期待しています。

No.1164 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.10  プリキュライド:夢原のぞみ <<02:39


こんにちは、かしこるです(^ω^)
先日は、ソニャ子のネームをきっておりました。
今回は正統派の展開で、ソーニャのエンディングイメージにちかい展開にしております。
よろしければご期待いただけますと幸いです。


■プリキュライド:夢原のぞみ■
本日は、Yes!某キュア5GoGoより、夢原のぞみです。
プリキュライド:ゆめはらのぞみ
天然ヒロインというたち位置ですが、変身後はトップクラスのリーダーシップを発揮していた印象です。
もしかしましたら、(DXの)赤チームの中でも、トップクラスの資質かもしれません。
CVを担当された三瓶氏の力強い演技もあって印象が良いですね(ただ多少のぶれあり。無印最初期は結構イメージが違います)。

勢ぞろい系作品、またあるのでしたら、活躍が期待されます。

No.1163 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.08  夏木りん(制服ver) <<03:21


こんにちは、かしこです(・v・)
現在鋭意ネームひっかかり中。
気合いと根性と修練がたりません、何とかがんばりませんと…!

お団子本、永遠旋律春爛漫とティナ・ハーヴェルの通販分を完売させていただいたようです。
ありがとうございました。

次回は、泣きほくろのあの人本の予定です。ご期待いただけますと幸いです。


■夏木りん(制服ver)■
本日は、途中でSSをはさみ中断しておりました、5制服コンプリート企画第4弾、夏木りんです。
プリキュライド:夏木りん制服ver
残念ながら本編放送中には人気が伸びなかったキャラクターですが、見れば見るほど味が出る、そのするめ的魅力は他キャラの追随を許さない、隠れた良キャラクター。
DVD、また再放送での再観賞される際には是非、注目してみてくださいませ。意外な魅力が見えてくる…かも?

No.1162 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.05  キュアブライト <<04:52


こんにちは、かしこです(・ω・)
最近、運動にマシンでの走りこみをいれております。
もろもろあって、最近体力面も伸びてきているのですが…心肺機能は大して上がっていないらしく、疲労を感じなくとも、心拍数が跳ね上がるというダメな展開に…。
もうすこし身体の相対的バランスをとりたい今日この頃です。


■キュアブライト■
本日は、ふたりは某キュアSSより、キュアブライとを。
プリキュライド:キュアブライト
ブライトは、どちらかというと弾ける的華やかさを持っていたブルームと比べ、チャージして打つなどのパワフルなイメージが漂っていたのが印象的(性能が外見イメージと真逆なんですよね)です。
またその独特な色合いもあわせ、そのシックなデザインは、シリーズとおして他に無い魅力。
そのコントラストは実に興味をひくもので、作中でもフォームチェンジを駆使した戦いを見てみたかったです。

SSは冒険作としての色合いが強いだけに、こういった独自の魅力を内包しているのが実に好印象だと思います。




No.1160 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.04  プリキュライド:七海るちあ <<04:47


こんにちは、かしこです(^ω^)
先日はプロットをちまりちまりと制作しておりました。
今日は午前中身体を動かしに行ければと考えております。

そういいましたら、先に外出しました際にバスを見かけたのですが…なんだか随分ハイカラでした。
丁度長い信号で後ろについた状態で停車する形になりましたので、思わず写真を一枚。
神姫グリーンバス

安全運転啓発のペイントですが、大変綺麗に仕上がっており、大変目の保養になりました。
大なり小なり緊張が伴う運転において、こういうちょっとした癒し、というのも時には重要かな、と感じたある日の夕方でした。


■七海るちあ■
本日はるぅこ以来のEX、ぴちぴちピッチより、七海るちあを。
ライドEX:七海るちあ
このキャラを見ておりますと、やはり主題歌を担当された神戸みゆきさんを思い出しますね…。
有名なところではセーラームーンや仮面ライダーヒビキでお馴染だった女優さんですが…実に多才な方だっただけに、惜しまれます。
心より御冥福をお祈りいたします…。

No.1159 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.03  プリキュライド:霧生薫 <<03:36


こんにちは、かしこです(・v・)
先日は軽く運動をしておりました。
今日はゆっくり休めそうです。


■プリキュライド:霧生薫■
本日は2人は某キュアSSより霧生薫を。
プリキュライド:霧生薫
先に描きました、満の相方さんです。
この2人は時折役割がいれかわったりするのが興味深かったですね。
その表情から読み取れない、心理の奥を想像するのも面白いかもしれません。

No.1158 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.02  プリキュライド:藤田アカネ <<02:26


こんにちは、かしこです(・ω・)ノ
しばらく前に片付けをしていた時に出てきた本を、原稿の合間に読み返したりしているのですが、先日フィギュモを読んでおりました。
読み返して思いますが、やはりこの作品、2巻で終わったのは残念でなりませんね。
ドールさんとてまりさんという動かしやすそうな2人が増えた…と思いましたら(紙面上では)即終了してしまうという…。
特にてまりさんはラスト周辺のネタで重要な役回りを担うだけに、もう少しキャラだてに時間を割いて欲しかったかもしれません…が、これもキャラ印象が良かったが故の贅沢な欲求かもしれません。

実際相当マイナーな作品ではあるのですが……作品全体を通して、フィギュアやドールの素晴らしさを伝えたいという気持ちが強く伝わってくる作風は今見ても大変好印象です。
実際、この本の1巻は、私自身ライダーフィグマを購入するきっかけになりました。
フィギュアは全く疎いということもあり、これほど続編が見たい作品はなかなか無いかもしれません。
中平先生があとがきで仰っていたように、更に一歩踏み込んだ、多少ディープな世界も見てみたいと感じました。


■あかねさん■
本日は、ふたりは某キュア(MH含む)より、藤田アカネを。
プリキュライド:藤田アカネ
アカネさん・タコカフェ店長…1期から、なぎほのコンビの良い相談役(というより、頼りになる近所のおねぃさん的たち位置)で、シリーズのサブキャラ陣の走りともいえるキャラクターといえると思います。
2期にあたるMHでは、最重要キャラであるひかりの保護者役になり、更に存在感が増し、結果ラストにもしっかり登場し大きな影響を与えるという重要な役回りを演じることになりました。
主人公を喰うようなことは一切なく、それでいてしっかりと存在感をしめし活躍するサブ、という存在は作品を盛り上げるのに大きな役回りを担います、アカネが初代シリーズの魅力を構成する上で一つの重要なファクターであることは疑う余地はないと思います。

No.1157 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2011.11.01  プリキュライド:美翔可南子 <<03:10


こんにちは、かしこです(・ω・)ノ
最近なんとか痩せるために奮闘中です。
ベスト体重+2kgという相変わらずの状況に流石に辟易しまして…何とかがんばりたいところです。


■プリキュライド:美翔可南子■
本日は先日に引きつづきまして、ふたりは某キュアSSより、美翔可南子を。
プリキュライド:美翔可南子
ヒロインの一人、美翔舞の母親です。
その立ち位置から、出番も多くはなく、それほど目立たなかったキャラクターですが、時折出てきては妙に強い印象を残した脇役の鏡のようなキャラクターですね、

シリーズでの母キャラは全体的に、正統派な理想的母親像のキャラクターが多い中、ちょっとズボラで相当なドジキャラ、家事スキルも高くない、という味のある設定をされていたのが実に印象的でした。
それでいて母親としての愛も深いのがまた…欠点も多いですが、プラス要素がそれをはるかに上回る、実に魅力的なキャラクターだったと思います。

No.1156 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。