FC2ブログ


かしこる☆のお部屋
●お仕事近況・同人情報です→http://rapidangel.blog12.fc2.com/blog-entry-787.html#comment ●新刊「巨乳炎上」が12/22発売されました!


プロフィール


かしこる☆



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2014.12.31  上白沢慧音 <<21:30


こんにちは、かしこです( ´∀`)
年末なので、アニストでプチマスを見ておりました。
相変わらずぷに可愛いですが、短いので少し物足りないかも…とかなんとか思っておりましたところ、「口パクぴったし」というツボ回が…弥生め、いい仕事。
さすがは歴史のある作品、侮れません…。

今回は東方より
■上白沢慧音■です

年末年始の高揚にのって、最初で最後の東方IMCOです。
東方は格闘ゲームなどで存じ上げる程度なのですが(STGが絶望的に下手な為、本編クリアは無理ゲー確定)、そのなかでも、気に入っているキャラクターの一人ですので今回チョイスしてみました。
変身とかするそうですので、其方フォームも興味ひかれますが…今回は最初に興味ひかれたノーマルフォームでさせていただきました。
少しでもお楽しみ頂けましたら幸いです。

…それでは、旧年中は大変お世話になりありがとうございました、来年もよろしくお願い致します。
…良いお年をお迎えくださいませ。


No.1412 / 一般系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2014.12.31  暁 <<18:32


こんにちは、かしこです( ´∀`)
いよいよ年末、新年も押し迫って参りました。
ということで、本日は半分まったり、半分せかせかしながら、IMCOイラストを制作しております。

最近、スクフェスを少しずつ進めているのですが、音ゲは初体験+ラブカストーンが貯まらず、で悪戦苦闘の毎日です。
特別楽曲のハード以上がとてもついていけるレベルではなく、半ばあきらめ気味で、通常楽曲か特別楽曲のノーマルまでをちまちまプレイ。まあ、ユニット構成で本編でもっとも気に入っていたキャラクターをメイン(5人)にしておりますので、それはそれで満足と言いますか…高望みせずじっくり出来ればと思います。
ぽつぽつログインしておりますので、プレイされておられる方、もし何処かでお会いしましたらよろしくお願い致します。


ということでIMCOイラストです。
今回は艦これIMCO…
■暁■…なのです

いかづち以来のロリータキャラチョイスです。
…黒髪長髪…といえば、もう一人描きたいキャラがいますが、とりあえず、描きやすさなど鑑み、此方を制作してみました。勢いよく描きあげられたかと思います。
…つまるところ…年末のテンションです、はい。


No.1411 / 一般系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2014.12.19  そのほかIMCO <<00:15


こんにちは、かしこです( ´∀`)
ガンダム無双がおもしろいです。
機体は、やはりガンダムでトップ3に入る好きな機体であるthe-O固定化してきました。
気絶時の「なぜうごかぁん」がクセになりそうです。

さて。
先日の選挙にて、開票を担当していた職員(バイトと強調←重要)が開票しながらお菓子をばりばりパクついていたそうで…いやーまたやらかしたか、という印象。
国の未来を決める、国民が介在できる数少ない重要な機会であり、厳粛な状況における、この醜態( ´∀`)
あげく、このバイト職員は無罪放免だそうで。
ひよこという土地柄をよくあらわしております…。
少し前には、セクハラを繰り返した職員をしばらく休職程度の扱いで無罪放免とかやらかした県(正確にはK市)ですから、もう何も怖くないでしょう…。
でもひよこ県民としては、何とかこういった状況は改善いただきたいところです。
…ひよこは、山や川が多く、綺麗な場所も多いですので(例の某城跡とかとか←連絡未達などの不手際多くて最近色々やばい)、できれば綺麗なひよこであってほしいな、とは思います。
上が乱れれば下が乱れる、よりよいひよこを是非実現していっていただければと願ってやみません。


まあそれはさておき。
本日は、IMCO各種です。


■まず一つ目はドSシュシュです。圧倒的遊戯ムゲンソウルズのヒロインの形態変化の一つ…だそうです。余談ですが、前にもプリキュライドで一度描かせていただいた事があります。しかしこの作品、本当にキャラクターデザインが良いです。続編のZはキャラクターがかわりますが、此方もなかなかのお手前。個性的ですが味があり、一度見たら忘れられないインパクトがあるのはすばらしいと思います。また機会があればほかのキャラも描いてみたいです。↓この人とか




■次に、スカーレットヒビキです。マジンカイザーという作品の登場キャラだそうです。OVAにおいて登場10分であっさり死亡するそうで、扱いが完全にお笑いキャラのソレです( ´∀`)ただ見た目はなかなか格好良い某ナデシコ風キャラですので、張り切って制作してみました。




■Ff6より、セリスです。6のヒロイン的インパクトのあるキャラクターですね(本来のヒロインは緑髪のあのひと)。監禁されているシーンとかあったりしたのが妙に印象的です。
余談ですが、髪の毛にウェーブが入っていたのを今回、初めてしりました。何気にFFはウェービーキャラが多い気が…。





■最後にこの二枚は神羅万象チョコのキャラクター二人です。
白面金剛九尾イヅナ、S・グラフィアスです。
知人の方から紹介いただきまして、デザインが良かったので、描かせていただきました。
神羅キャラは先に、クオンとルキアを描いたことがありますが、なかなかデザインが良いので、印象が良いです。
また機会があれば是非挑戦してみたいですね。








No.1410 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

2014.12.17  リクエスト企画後編 <<05:21


こんにちは、かしこです( ´∀`)
風邪、いまだ引きずっております。

今回は、前回のつづき、リクエスト企画後編です。


●KOFより、エリザベートです。此方はアナザーカラーにしてみました。武器も剣にしております。



●次に、日向ヒナタです。NARUTOのキャラクターですね。目が白いのでどうなることかと思いましたが、思いの外おさまってくれて良かったです。



●次に、ぷよぷよより、リデルです。ぷよキャラの中でも癖のあるデザイン、特に頭部の髪型が個性的で印象深いですね。…描く段となると描きにくかったですが( ´∀`)



●次に、プリパラより、ドロシー・ウェストを。
姉妹的見た目のキャラクターで、もう一人がオカマさんかなんでしたでしょうか…なんだか独特のキャラクターみたいです。




●次に、ガルパンより、蝶野亜美を。
此方も全く見たことがありません。
最近個人情報で一儲け…で色々話題の×SU×AYAさんでレンタルがおいてありますので、そのうち見てみたいと考えております。



●次に、バイブルブラックより、白木里香です。元々が其方系の作品のリクエストをいただくのは珍しいパターンでしたので、手探りでの制作となりました。…それにしましても、このキャラクター、日本人ですが、目の色が独特で個性的、そのファンタジー的なビジュアルが実に好印象ですね。



●次に、φなるあぷろーちより、益田西守歌を。懐かしい作品です…当時わりと気に入っていたような記憶があります…ので楽しんで描く事ができました。



●次に、マクロスより、シェリルを。検索で最初に出たイラストを参考にしてみたのですが、服装はこれで良かったのでしょうか…。



以上で、今回のリクエスト企画分は終了です。
しかし…俺たちの戦いはこれからです。

…つづく…




←and more
No.1409 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

2014.12.14  ガンダムとリクエスト企画第4弾前半戦 <<04:39


こんにちは、かしこです(´д`)
またも風邪にかかってしまいまして、首あたりに常時鈍痛がある状態です。
今年の風邪は手強いです、皆様もくれぐれもおきをつけを…

戦国無双4Ⅱの発売が新年に迫る中。私はこっそりガンダム無双を購入。
ただ戦国4もⅡが出た、ということは、今後はアルティメット商法で行かれる、ということの様子。
今回キャラも似たようなキャラクター1人しか増えないようですし、システム面では評判の悪かった武器強化システムなどが改善、あとは無双モードが一部新キャラに実装、という程度の差の様子。
どうもこの雰囲気は大蛇SPを思いおこさせるんですよね。
となると、あと数回、戦国4はでるということが可能性として予想されるので…今回は私はスルーしようかと考えております。
4の最大の売りだった新キャラ「松永久秀」のシナリオはしっかり描かれていましたし、わざわざもう一度やりなおすのはちょっと…5がでるなら5でも良いですし、まあ気長に待とうかと。
ただ基本的に戦国4は面白いですので、お持ちでない方にはおすすめ出きる出来になっていることと思います。

…ということで、今回レビューは、真ガンダム無双です。


無双からは永らく離れておりましたので、ガンダム無双もこれが初プレイとなります。

内容はガンダムのキャラを使った無双…と思いきや、結構プレイ感が違います。
ジャンプがRボタンに割り振られ、どちらかというと「飛ぶ」印象に、×ボタンにはブーストダッシュが割り振られています。
このボタンがキモで、ブーストでマップを高速移動しながら、戦場を駆けめぐる展開が基本。
またその戦闘も、マップ上に幾つかのフィールドがあり、そこを奪い合う、という陣取りっぽいシステムが導入されており、また上記の移動手段の向上の影響からか、敵増援が非常に多いので、常に緊張感のある戦闘が展開されます。
逆に言うと気を抜く暇がないので、三国無双などと比べると忙しいゲーム展開になっています。

ゲームモードは、オフィシャルモードと、アルティメットモードのみ、というシンプルな構成。
まずオフィシャルモードは、各作品の流れにそってプレイする、というモード。
此方は、登場機体などの制約上、展開が大幅に端折られており、またパイロットや機体なども固定ですので、正直あまり面白くありません。
また作品も、ガンダム、Zガンダム、逆襲のシャア、ガンダムUC、ガンダムSEED、ガンダムSEED2の6作品のみです。
つまりそれ以外の作品は…(お察し)
次にアルティメットモード。
多様なエリアを選択、その中のいろんなミッションを攻略し、好きなキャラ、機体を育成しながら進めていく、いわば此方がメインモード。
展開がSPWちっくで、好き嫌いはわかれそうですが、豪華ではあります。

その機体、そしてキャラクター。
上記しました、オフィシャルに出てくる作品のキャラクターは多く収録されていますが、それ以外のキャラはかなり少ないです。
F91に至っては、機体はF91のみ。ビギナギナも居ません。ガンダムXもXXしかいないような…。Gガンダムもとんでもなく少ないです…そのくせデスアーミーとか居ます…いや、その時間で、ほかの機体入れて欲しかった…。
その分、ガンダムなどはザクタンクやボールなどもおり、Zでは陰が薄いバーザムなどが参戦。逆シャアではレズンギラドーガなどが居ます(しかし何故かレズンはパイロットとして使用不可)。
そして何より、SEEDが今回の主役、と言えます。
機体が非常に多く、また機体性能もフリーダムガンダムなどは初代ガンダム系などと比べると尋常にないくらいの強さ。まさに真ガンダムですね。
使用条件も簡単ですので、攻略するだけなら、オフィシャルでSEEDを先ず攻略、キラを使用可能にしたのち、キラ→フリーダムで数回プレイすることでどのキャラでも使用可能になります。この状態で進めれば、文字通り「真ガンダム無双」状態になります。コーディネーターってすごいです(´д`)
…これがこのゲームの利点であり、欠点でもあります。パイロットはアルティメットのエリアによって制限がありますが、機体は宇宙、地上でしか制限がないため、機体一つ育てれば、それでゲームが終了するという…楽といえば楽なのですが。

…まあ、私ごとにはなりますが私自身は、好きな機体を使ってまったりプレイを基本にしています。
THE-O、ギャン、カラミティガンダムあたりがメインでしょうか。特化機体が好きなので…。
パイロットはほぼ、シロッコ固定です。この作品は、機体とパイロットを別々に育成、という形のゲームですが、能力はトータルで算出されるので、ある程度パイロットも育成しないと厳しいところですので、基本は固定にしています(サブでジェリド、ランバ・ラル)。

育成については、パイロットは経験値を溜めレベルアップさせるシステム。それに加え、チームポイントなるものがあり、これを溜めることで、スキル(すらスター消費を減らす、経験値が多く手に入る、エースパイロット戦で有利な補正がつく、等)を会得、装備して使用可能になります。
機体強化は、強化プランを戦闘中に拾い、それを融合させながら強化していく、というシステム。ただこの融合が問題で、回数制限がある上、強化する際、あとで選択した方のプランの数値が減ってしまいます。
ですので、ある程度、考えながら育成を行わないと、無駄に回数をこなすことになってしまいます。各武器も強化できますが、これも一回にカウントされることには注意が必要かと。
…育成についてはこんな感じです。

トータルとして、無双っぽい無双じゃないもの…というのが正直な印象。
これはこれ、と割り切ってプレイ出きれば、楽しめると思います。
あとは妙に制限要素があったり(アルティメットにて、エリアによってキャラの使用可不可が存在など、上記のサブパイロットはこのために育成しています)しますので、そこが我慢出きるか…というくらいでしょうか。
基本的には、三国・戦国無双より忙しく、マルチレイド程は忙しくないゲームです。
ちょっとした余暇に…いかがでしょうか。


■リクエスト企画第4弾前半戦


まずⅠ枚目はファイアーエムブレムより、レイラです。
今回もっとも描きやすかったキャラクターです。
Feキャラはシンプルで魅せるデザインになっているのがすばらしいですね。



次に、グローランサーより、イザベルです。
グローランサーは全くノータッチのため、新鮮な気持ちで制作できました。



次に、ファイナルファンタジーⅦより、ティファです。
FFヒロインの中では2次創作が多い印象のキャラクターですね。
健康的肉体美、ということで、意識してみたのですが結果…



次にドラゴンクエストより、ゼシカです。
画像検索すると、ぱふぱふシーンがありましたので、其方イメージで作成しました。



次に初音ミクです。
VOCALOIDを描くのは初めてで、手探りでの制作となりました。
背景は一度だけプレイしたことがあるPSP版の画面をみた際のうっすらした記憶からイメージしています。



前半最後は悪魔のリドルより、東兎角です。
設定が設定のキャラクターですので、頬の紅潮的なものは排除し、シンプルな感じを演出してみました。

ということで前半は以上です。
次回、後半につづきます。




No.1408 / 一般系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

2014.12.03  IMCO各種とゲームレビュー <<23:24


,こんにちは、かしこです(´д`)
ながらく引きずっていた風邪も何とか回復し、やっとこさ本調子が出てきた印象の今日この頃。

そんな風邪での寝込みのおともになってくれたゲームのレビューです。
本日は…

psVITAソフト
「ラブライブschool idol paradise ーlily whiteー」
です。

まあ、いわずと知れた評判の悪いソフトですね。
ただその分、お値段もおやすかった事、本編が以外に面白かった事もあり、購入。


内容は、基本的に音ゲーです。
十時キー押しで青、右のボタン押しで赤、両押しで黄色、な感じで三種類の入力でリズムゲームを行います。

難度はかなり低いです、実際、音ゲーをほぼプレイしたことが無い私が「ちょうど良い」と感じる難度(難しい)設定ですので、相当簡単ではないかと。
簡単=ダメ、かといえばそうでもなく、その分「背景で踊っているキャラクターを見ながらプレイ出来る」という利点が。

そのキャラクター。
すべてポリゴンで再現されております。若干一名、顔のポリゴンに違和感があるキャラクターがいますが、他はほぼ完璧。
全体造形でいえば、手の指が少し太い印象を受ける事、キャラクターがうつむくと、口周りのテクスチャに影が落ちてしまい、肌自体の塗りとの乖離もあって違和感を少し感じること、くらいでしょうか。
基本、本編と同じ印象のキャラクターが元気に踊るのは見ていて楽しめる印象でした。

コスチュームも数種類用意されており、制服や水着など、「これで歌うですか」といった印象の服装も用意されています。
数は多くないですが、それぞれ再現度が高く、納得の仕上がり。

この歌唱パートを盛り上げる…はずのシナリオはちょっと問題ありです。
基本、本編の隙間をねらって制作された話ではあるのですが、これがまた盛り上がりがなく、かなり淡々としています。
音ゲープレイとあわせてトータルⅠ時間半程度で終わったのですが、今一つ感は拭えませんでした。本編ではキャラクターそれぞれの個性を細かく丹念な描写で見せる事で魅力をつくっておりましたのに…どうしてこうなった(´д`)
…ただ、改めて見返すと、シナリオルートがⅢ本ほどあるようです。私はいっぽんしかプレイしておりませんので、もしかすると他のルートですと印象がかわる…かも?

…その本編の途中でサブシナリオが出てくるのですが、こちらも一つ一つが短く内容がお世辞にもよいとは言いづらいです。
ただ、このゲーム、基本オリジナル声優さんによるフルボイスですので、そういったファンの方は楽しめる仕様になっていると思います。

他のモード…ライブミッションというモードがあるのですが、これは色々な課題をこなしていく、というもの。だんだん難しくなってきますので、やりがいはありますが、どうしても普段気に入った曲でのプレイを重視してしまうため、曲固定が出てくると途端にペースが鈍る罠。
収録曲数自体は多くはないので、何とかなりますが、気に入ってない曲が流れたりするときついですね…いろんな意味で。

他には部室というモードがあります。
此方は3人のリリーホワイトのメンバーがおり、各キャラクターのプロフィールをフルボイスで確認出来たり、ボイスコレクションなるモードで60種類の各種音声(例:自己紹介、出会い別れなど各種挨拶、天気についての感想各種、着信のお知らせ等々)が聞けます。3Dモデルアクション付。
端的にいうとおまけモードなのですが、ボイスコレクションの充実ぶり等から、実は一番ファンアイテムらしいモードかもしれません。

携帯のアプリ版も比較の為プレイしてみたのですが、やはり此方のうりは、3Dモデルでの歌唱でしょう。
プレイ時のモチベーションが違います。

惜しむらくは、やはりⅢ種類あること。
それぞれ3キャラずつ収録されているのですが、この3キャラで行動する場面は少なく、あまり3つにわけた意味はないのでは、と感じました。

総論としまして、フルプライスで買うには厳しいボリュームではありますが、全体の雰囲気は決して悪いソフトでは無い為(全体的にBGMが明るく、画面も明るいため印象が良いです)、キャラフェイスの造形などなどファンアイテム的に楽しめる作品ではあると思います。
お値段もおやすくなっておりますし、キャラゲーらしい気軽に出来る仕上がりもあって、ちょっとした余暇にプレイするソフトとして、一本いかがでしょうか。

個人的な感想として。
キャラゲーは久しぶりでしたが、3dモデルなど、進化を感じる仕上がりでした。
折角3Dモデルがあるのですから、会話だけで終わらせず、ミニゲームや普段の生活パートなど、何かもう一押し遊べる要素があれば、嬉しかったように思います。


■IMCO各種■
最近またもやIMCO熱が再燃中でして…その勢いをかって、先ずは3種類、制作してみました。


まずは青葉です。
記者…みたいな設定(二次?)があるようで…尺があるのでしたら、そのあたりを活かしたネタにしたかったですね。


次に明石です。
此方は知人の方のリクエスト、となります。
デザインが凝られており、作画が密かに大変でした。
また途中から改が…。


最後に秋月です。
デザインが印象が良かったので描いてみたのですが、これがまたずいぶん難しく…(´д`)
苦戦しながらの制作となりました。
ご笑覧いただけますと幸いです。









No.1407 / 特殊系かしら? / Comment*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。