FC2ブログ


かしこる☆のお部屋
●お仕事近況・同人情報です→http://rapidangel.blog12.fc2.com/blog-entry-787.html#comment ●新刊「巨乳炎上」が12/22発売されました!


プロフィール


かしこる☆



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2014.11.06  リクエスト第2陣 その1 <<21:10


こんにちは、かしこです(。・ω・。)
リクエスト絵制作にかまけ、永らく此方、留守にしておりました…。

…ということで、リクエスト絵を順番に…。

■アニータ

1枚目はグローランサーより、アニータです。
アップした際、知人の方に「作者本人が脱がせてますからねぇ」というつっこみあり(^ω^)…ましたが、まあ、それはそれ、ということで。
●作画面…オリジナルの絵を拝見したのですが、塗り方がご清適な方でオリジナルの色味がよくわからず、もしかしますと少し違うやも…しれません。


■アン

次にポップンミュージックより、アンです。
オリジナルに近い雰囲気を出そうと努力してみました。
●作画面…流し目…ねらってみたのですが、今一つ形にならず。反省点ですね。

■ミーナ・ライクリング

次に、スーパーロボット大戦より、ミーナです。
3度目の作画ですので、描きやすかった印象ですね。
黄色の副に緑髪の外見はなかなか印象が良く、描きがいがありますね。
●作画面…安定させるため、色は毎回、最初のスパコネ絵からひろっております。

■フランチェスカ・オハラ

次に、Vガンダムより、フランチェスカオハラです。脇役キャラなせいか、資料がとても少なく、その点、苦労しました…。
●作画面…褐色キャラは描きがいがありますね。日焼け跡verとかお遊びでつくったのは秘密です。

■ファリス

次に、FF5より、ファリスです。
ファイナルファンタジーキャラはレナに続き、二枚目ですね。
正直描いておりまして懐かしかったです。5,面白かったですよね。
●作画面…参考モデルは、FF5SFC版のディフォルメビジュアルです。

■あきこ

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね」(長い…)より、姫小路秋子です。
オリジナルは、かなりアクの強いキャラクターですので、まさかリクエストいただくとは…驚きました。
●作画面…パンツの文字は、代名詞ともいえるTシャツの柄を参考に致しました。

■ソニア

次にパズドラより、現世の赤龍還士ソニアです。
パズドラという今をときめくたぐいのジャンルの絵を描くのは久しぶりでしたので、大変でした。
●作画面…一枚絵しか資料がなく、また龍のようなモンスターも同一スペース内にかかれている為、イラストと睨めっこしながらの制作となりました。

スポンサーサイト
[PR]



No.1400 / 一般系かしら? / Comment*2 // PageTop▲

← リクエスト企画第2陣 その2 / Home / チキンナゲッツと筑摩お姉さん(注:妹)と敷波姉御(誇張あり) →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.08(17:30) / / / [ Edit ]


ありがとうございます


●Pさん
>ミーナ
ありがとうございます。ミーナはやはり色合いが良いと感じます。他の3名と比べて、良い意味で落ち着いていると申しますか…。
外見的に活発系や、正統派かわいい系でも行ける良デザインかと思います。

>フランチェスカ
此方は古い作品ということもあり、資料が本当に少なく、大変でした…が、ご満足いただけたとのことで胸をなで下ろしております。
ポーズに関しては、服装が服そうだけに、半端に脱がすのが困難ということにくわえ、シュラク隊=大人の女性というイメージも加味し、想像した結果です。
お楽しみいただけたのでしたら、幸いでございます。

>ファリス
5はヒロイン3名という状況の中、男装の海賊頭領という抜群の個性で光っていたファリス、懐かしさもあり、作画は問題なくすすみました。
デザインに関してはレナと同じく、5のディフォルメ絵を参照させていただいております。

本編に関しては、5はライトさとハードさのバランスがよく、プレイの幅を広げるジョブシステムもあり、プレイしやすく、また楽しめる作品に仕上がっていると思います。
また機会がございましたら是非…と、おすすめ出来る内容です。
2014.11.10(00:42) / URL / かしこ / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。