FC2ブログ


かしこる☆のお部屋
●お仕事近況・同人情報です→http://rapidangel.blog12.fc2.com/blog-entry-787.html#comment ●新刊「巨乳炎上」が12/22発売されました!


プロフィール


かしこる☆



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.04.10  PSP「ひぐらしデイブレイクportable-メガエディション」レビュー <<00:22


ひぐらしデイブレイクPo-メガエディションレビュー
黄昏フロンティア様制作、「ひぐらしデイブレイク」のPSP移植版です。
移植はアルケミストというリメイク移植などを扱われているメーカー様が手がけられており、それまでのご経験を活かされた独自の「オリジナル仕様」が意欲的に導入されています。
性能の変化、キャラ造形の変化、レスポンスの変化、BGMのリメイク、SEの変更、シナリオも変更・・・と結果、実質「別ゲーム」ともいえる仕様に仕上がっております。

ゲームシステムは、VSシリーズ(制作:カプコン様)初期に近い・・といえばご理解いただきやすいかと。
ただ細かく色々と違いますので、新鮮な気持ちでプレイできます。

以下詳細レビューをば。(スクリーンショットはPSPを携帯で直撮りしておりますので、ピントがぼけております・・)


■OP■
アニメーション付のOPです。
非常に美麗なOPと、テンポの良い歌の抜群の仕上がり。
此方は公式ページなどで見れるようです。
・・・マイキャラの一人、夏美さんが大変に面白いです。
OPデモ・レナ
sc:レナ 流石のヒロインぶりですね!

OPデモ・シオン
sc:シオン このカット面白いです。




■戦闘システムなど■
戦闘画面 ナツミvsレナ
sc:戦闘画面。手前が自キャラ、前面から全力疾走してきているのが対戦相手です。

ゲームシステムは基本的に2on2、ボタンは「射撃」「格闘」「ジャンプ」「ロックオン切り替え」「スペシャル(ゲージ性で数種類あります)」「ガード」という仕様。

・・こうなりますと、「攻撃が少ないのでは?」とお感じになられるかもしれません。しかしこのゲームの特徴はまさにここにあり、射撃チャージが各キャラクター2種類ずつ用意されております。
第一段階のチャージは簡単にたまるのですが弾数制限が厳しいキャラが多く、第二段階のチャージは弾数制限こそ無いですが、基本的にチャージに時間をとられます。もちろんその間ノーマルは撃てませんので、格闘や逃げ、ガードで立ち回ることになります。
ノーマルショットの小回りをとるか、チャージ1の使い勝手をとるか、チャージ2の爆発力をとるか・・・カメラワークが激しいゲームだけに、単純ながら、熱い選択が展開されます。

更にこれに、チャージ時間というものが影響します。VSシリーズでしたら、実弾は使い切りリロード、ビーム系は随時のリロードとなっておりますが、この作品はこの二つを組み合わせたような仕様になっております。
端的に申しますと「常時リロードされますが、弾切れをしてしまいますと、フルリロードまで撃てない」・・という形です。
これにより、更に熱い読みあいが発生します。

次にコスト。
これも根本はVSシリーズと同じなのですが、大きな違いがあります。
まず「全キャラ同一コスト」ということ。
例えば連ジ~ダムNEXTではコストの関係上駆け引き要素が広がっていたのですが、どうしても「あの機体より、この機体の方が弱いの?」とか「好きな機体なのに、コストが低くて相当使い込まないと戦力になりづらい・・」とか「お気に入りでもハイコスト過ぎて使うのが気がひける・・」などなど、細かな部分で意見が出ていたのもまた現実でした。
そこを見事?解決するこの「統一コスト」仕様・・・当然強い弱いがあるとはいえ、どのキャラクターでもそれなりに戦えるようになっております。
・・更にこのゲームでは、コストに「追い討ち」が出来るのも特徴ですね。
ダウン状態の相手に攻撃を連続してあてると、コストゲージ(%で表示)を増やすことができます。
追い討ちしやすいキャラクターですと、一気にごっそり・・なんてことも。

・・総合的に見てVSシリーズを彷彿とさせる、テンポのよい対戦アクションです。
PC版とは大きくかわったバランスは、PC版とはまた違った新鮮味があること請け合い?!



■グラフィック■
◎アニメ絵
VSや勝利時、ストーリー会話の顔がアニメ絵になっており、非常にシャープになりました。
オリジナルは何処と無く暖かい感じだったのとは印象がまったく違います。どちらが良いかはお好み次第かと・・。
VS画面
sc:VS画面 ここの曲が熱いですよね!

シナリオ会話・ミオン+シオンコンビ 第一話
sc:会話画面・ミオンシオンルート1話

◎キャラ造形
これが一番大きな変化ですね、オリジナル版と全く違います。
オリジナル版がやわらかい見た目ながら洗練され、完成度が大変高かったので、それと比べますとどうしても苦めの評価になってしまいます。非常にシンプルなポリゴンキャラクター、というイメージですね。
しかし、この「ちびキャラらしいちびキャラ」感が、見慣れてくると実にユニークで可愛く・・・シンプルな着色とラインが逆に想像力をかきたててくれます。
またPC版と比べましてコスチュームもいくつか増えており、中にはこんなものも・・・↓
対戦画面・シオン ボンテージ
sc:シオン「ボンテージコスチューム」・・・鞭と愛称が良すぎます。

◎背景
まず、オリジナル版とステージ数はほとんど変わっておりません。
無駄の無い美麗背景だったオリジナル版と比べ、「おもちゃの箱庭」という印象。
全体的に色使いがあわいのか、のほほんとした印象を受けます。
キャラも含め、この全体のほんわか感が、PSP版3D造形の特徴ですね。
2D絵がシャープなだけに、あえてギャップで勝負、というところと想像されます。
両極端な二つの絵を脳内で中和させ、印象としての高みに意識を誘導・・・なかなか奥深いです・・。



■BGMなど
◎BGM
曲はオリジナル版からすべてアレンジ、または変更されております。
新曲は全体的にシックながら熱いテーマが多く、アレンジ曲は「Speedstar(オリジナルでは学校夕方曲)」など、全体的にテンポアップかつエキセントリックに演出されております。
基本的に戦闘テーマとしては申し分なし。
更に追加要素でOPボーカル曲などの歌も戦闘で使用できます!これは熱すぎる・・。
・・ただ唯一、あくまでも私的にですが、オリジナルで大変熱い曲だった「night chaser(学校夜のテーマ)」が、激しくマイルドに軟着陸仕様だったのだけは残念でした・・。
・・補足としまして、対戦時に曲をセレクトできます。キャラテーマを自己流に決めて統一したりしますと気持ちの盛り上がりが違ったりします。

◎SE
こちらも変更されているようです・・・が、印象として大きく影響はありません。

◎ボイス
・・・ボイスは文句なしの仕様。
戦闘時は、オリジナルひぐらしデイブレイクの元気のよさ、ノリの良さは残念ながら影を潜めてしまっておりますが、オール取り直しな上(正直驚きました)、名声優様揃い踏みですので、これは売りの一つになりえるかと。
ストーリー会話はもちろんフルボイス、加えてストーリー・対戦問わず戦闘勝利時にも会話が聞けこれもまたフルボイス、バリエーション豊かですので、いろんな組み合わせで楽しめます。



■オマケ要素など(*一部ネタバレご注意ください)
おまけ充実。プレイのおともに。

◎おまけ
オマケを見るのにすべてポイントが必要なのですが、これがまたなかなか溜まらない上に、運が絡むものがありますので、結構苦労させられます。シナリオが終わると、あとはVSで溜めるしかないので、「溜めよう」としますと相当厳しいことになります。
ただ、これは考えようで、「対戦で練習しているとオマケがついてくる」的に考えますと、実に楽しんで(?)溜めることが出来ます。
追加武器やコスチューム、戦闘やサウンドモードで使用可能なBGM,EDなど各種ムービー、各キャラの戦闘時や会話時のボイス、キャラのアクションを見れる擬似フィギアなどとにかく数が多いので、気に入ったものから随時入手していくと、末永く楽しめそうな印象です。
フィギアモード・ナツミ浴衣
sc:フィギア画面。夏美さん浴衣はえたたき仕様。・・・もうすぐ夏ですね。

◎追加武器
想像と多少違いました。
元からある武器の一部を変更したものとなります。例えば、シオンですと「水風船」が追加されるのですが、チャージ1,2はグラフィックは変更されますが基本「鞭」と同一の攻撃で、ノーマルショットが水風船になり、これはリーチは無いですが、相手を長時間硬直、かつ当て続けることが出来る、という仕様です。
・・また追加系は基本的には強力な武器が多いですが、中には、NS、チャージ1・2どれをあてても相手の攻撃力を一定時間減らす・・などのバランス的に結構どころじゃなく危ういものも・・。
オプションなどで使用の可・不可は決められないので、購入には多少注意が必要かもしれません。幸い、説明書に簡単な説明がついておりますので、そちらを参照されることをおすすめします。

◎新キャラ
辛口になって恐縮なのですが、正直に申しましてアクション的に使いまわしが多いです・・。
新鮮味は残念ながら期待したほどにはありませんので、こちらをメインで期待されると多少厳しいかもしれません。

◎限定版
フィギアが3種ついており、「バット・サトシ」「私服・シオン」「エンジェルモード・ミオン」となります。
・・・私自身、フィギアは余り持ち合わせておりませんので、一般論としての正確な評価は出来かねるとは思いますが・・・・正直に申しまして相当なぷに可愛さです。3キャラのファンの方でしたらおすすめできるのではないかと・・・。
遊びがある箱に入っており、かつ個包装されているため、よほどのことが無い限り痛みは無いと思われます(痛みを出そうとしますと、sフィギアが痛む前に箱が相当なことになる為)。
加えてCDドラマがついておりますが、拝聴しておりませんので評価は出来ません、申し訳ございません。


★総論
全体的に見まして・・・繰り返しになりますが、PC版とは完全に別アイテムといえます。
失礼を承知で率直に申しまして、私的にはゲームツールとしてPC版をおすすめ致します・・・が、PSP版は独自の外観・世界観とオマケなど追加要素、バランスなどを持ち合わせており、こちらはこちらでとても楽しめます。
・・・オリジナル版があり、またとても有名な作品なため、純粋な意味で、実に評価が難しい作品といえるかもしれません。
・・・それだけにご購入を検討される際には、多くの方の評価などを幅広く参照されることをおすすめ致します。
スポンサーサイト
[PR]



No.952 / 作品レビュー / Comment*2 // PageTop▲

← 蒼乃美希ウィッグver / Home / キュアパイン →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

おひさしぶりです


おひさしぶりの、NTHです~。

>楊雲
少し凛々しい感じの楊雲が素敵ですね。
服を羽織っているのも、いい感じです。

惜しむらくはパンツを穿いていることですね(汗)
(私の好みにも困った物ですが…。)

>セシル
セシルも良い感じですね~。
楊雲より恥じらっていて、か弱い感じですが、
そこがまた可愛いです~。

>ブリッジの4/1ネタ
あそこは毎年、moo系関係のネタをしているのですが、
エタメロは初めてだったので驚きました。

ただ苦情でもあったのか、4/1中に消えていたのは驚きでした。
(今までは、4/1いっぱいは公開していたので)

>キュアパイン
やっぱり、彼女は可愛いですね~。
(変身前は少し地味ですけど、こっちも可愛いですし)

ところで、その後のフレキュアは見ましたか?。
(私は半分ほど見終わりました)

>ひぐらしデイブレイク
PC版を私が紹介した(と言うより勧めた)ので、
どうだったか気になっていたのですが、
気に入ってもらえていた様で安心しました~。

>メール
3/14の22:57にメールを出してから、かしこさんから来ていないです。

メールの未着(私からと言うのもあり得ますが)発生したかもしれないので、
書いておきますね。
(本当に出していない場合は、スルーしてくださいね。)
2010.04.10(08:23) / URL / NTH / [ Edit ]


日々前進あるのみです


■NTHさん
>楊雲
:ありがとうございます。
楊雲は「可愛い」ではなく、「綺麗」なイメージですよね。
若葉とは良い対比かと思います、和風キャラの違った良さ二つを同時に楽しめるのはEMの強みではないかと・・。

>下着
:無いほうがお好みでしょうか。
ご意見ありがとうございます、次回描かせていただく際には是非検討させていただきたいと思います。

>セシル
:コメントありがとうございます。
セシルは本分でも書かせていただきましたとおり、苦手意識のせいでなかなか描く機会が無いのが難でして・・。
それだけに今回は新鮮な気持ちで挑戦できました。
お楽しみいただけたのでしたら、幸いでございます。

>4/1中に消えていたのは驚きでした。
:4/1ネタというのも面白そうですね。
時にこういった「お遊び的要素」をしてみるのも、良い意味で潤滑油になってくれそうです。

>キュアパイン
:お詳しい方のお話によりますと、人気がかなりあったらしいです。
実際、病院の娘という設定も含め、非常に善人属性が強く、セリフまわしに棘が無い、癒し系タイプの良キャラクターでしたよね。

>ひぐらしデイブレイク
:その節は色々とご助力いただきありがとうございました。
・・・あと、お忙しいところ、ご記憶違いとは存じますが・・・此方の作品はお店様にて、博識なNTHさんには大変失礼ながら、私の方から紹介させていただきました・・(^ω^;)
・・ゲームとして大変楽しい作品ですので、あらためまして、おすすめさせて頂きたく存じます。

>メール
:お返ししたはずですが、到着しておりませんでしょうか?
これは失礼をいたしました・・。
早速、確認のメールをいれさせていただきますので・・。
2010.04.11(05:14) / URL / かし / [ Edit ]


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。